くにお流ブログ

くにおくんのプレイ動画や攻略情報などを扱っているブログだ。

【くにお雑談】りきのサッカー部設定は後付け?

2012
08
確か、穴凹くにお(俺は男だくにおくん!)の漫画でりきが優秀なサッカー選手だったという話があったはずだ。
当時は、1991年頃か。テクノスから公式に資料や設定を教えてもらっていたらしいのでサッカー設定は後付ではないかもしれんな。
当時漫画を読んでびっくりしたな。何巻かまではまだ楽しめた気がする。

riki_soccer_1208.gif

サッカー対決シーン。

★アメフト部に入ったのはいつ? ってかりきってアメフト部では?
りきがアメフト部という設定が明らかになったのは、いけいけ!熱血ホッケー部から。
つまり、くにおと既に顔馴染みでつるんでいた頃だ。

では、りきは花園高校入学直後からアメフト部だったのか? いや、違うだろう。
大体、花園の番長として恐れられてるヤツがスポーツなんか真面目にやるわけがないし、アメフトに入ったのは恐らく、くにおと対決して負けた後だろう。
熱血高校ドッジボール部では、ドッジ部を急遽こしらえてくにおと対決している。くにおが世界で優勝したのを聞いて、刺激を受けたりきはなにか思うことがあり、サッカーは今更できないが、競技性がサッカーに似ている?アメフト部に入ったといったところか。アメリカンフットボールというしな! アメフトは。フットボール=サッカーだ。アメフトに入ったのは、2年生の頃か。


★りきの経歴
花園高校一年生 サッカー部に入るが、大乱闘事件を起こし停学。留年することに。不良の道へ・・・。
ダブリ一年生 花園高校を制圧完了し、番長として君臨?
2年生 くにおと初対決! 初めて喧嘩に負け、くにおの喧嘩哲学? に感化され何かに目覚めた様子。以後、くにおの永遠のライバルとなる。時には敵として、あるいは味方として登場する準主役キャラに。
3年生 アメフト部で頑張るりき! ってところかね。 





★義理人情、友情に熱いりき
スラムダンクの三井のように「バスケがしたいです」。という風にりきはサッカーには戻れなかったが、アメフトで新たにスポーツマンとして頑張り始めたということだな。
べーすぼーる物語では、花園高校野球部エース候補だったわしおが、野球部の顧問監督と口論して退部しちゃう話がある。野球に未練があるわしおを元気づけるために、りきの彼女まみがベスボ大会参加の申込用紙を持ってくる。そして『りき』、『早乙女』などいつものメンバーと共にべーすぼーる大会に出場するという感動的な裏エピソード(詳しくは、べーすぼーる物語設定本)があるが、
りきにもサッカーを諦めなければならないつらい過去があったからだな。だからこそ誰よりもわしおの気持ちがわかったと。
やっぱりきは友情に熱いやつだぜ! 





◆今後のくにおくんはどうなる?
3DSでどんなストーリーが展開するか楽しみだぜ。力編の次は、くにおの過去編、熱血高校転校前で長谷部と一緒にいた中学編とかあるといいね。山田と一緒につるんでいた頃だ。長谷部との出会いはもけけ関本氏のストーリーで読めると嬉しいな。この中学時代に長谷部は伝説のスケバンと呼ばれていたのだろうか? 気になるな。
やまだとはせべが冷峰学園に入っているところを見ると頭がいいんだろうけど、不良なのか。それともくにおとやまだとはせべで悪者退治をしていたとか? 
ま、ダウンタウンと熱血硬派の設定がある意味ごっちゃになってるけどそれはそれというパラレルワールドでいいんじゃね? どっちもくにおくんだぜ。
Amazonプライム会員なら、映画・アニメ・TV番組が見放題、100万曲が聴き放題! ゲームも発売日に届く!! まずは無料体験を




ネットショッピング(Amazonの予備サイト)
Yahooショッピングでお買い物!
ノジマオンライン(ゲームが発売日に届く。新品が安く、Amazon並)

中古ゲームを買いたい時に使うサイト
ネットオフ(安さがウリ、Tポイントも使えるぜ)
古本市場オンライン(本だけでなく、中古ゲームも多数扱っている。)


くにおくん 熱血コンプリート ファミコン編 【初回特典】「オリジナルカスタムテーマ (仮) 」 (6種) & 【Amazon限定特典】アイテム未定


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータMagazine (Town Mook)

ダウンタウン熱血物語SP【予約特典】オリジナルサウンドトラック 付
ダウンタウン熱血物語SP【予約特典】オリジナルサウンドトラック 付


PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)
ダブルドラゴンネオン PS3

0 Comments

Add your comment

ブログパーツ