くにお流ブログ

くにおくんのプレイ動画や攻略情報などを扱っているブログだ。

【くにお雑談】「ゲームの本質はリスクを冒してリターンを得ること」 ではくにおくんはどうだった?

2012
22
http://gigazine.net/news/20120821-sakurai-cedec/

任天堂より発売された「星のカービィ」や「大乱闘スマッシュブラザーズX」などを手がけた有限会社ソラ代表の桜井政博さんが、ゲームからどのような影響を受け、どういういきさつで業界に入り、どう考えてゲームを制作して、仕事について、社会についてどう考えているのかを「あなたはなぜゲームを作るのか」というタイトルの基調講演をCEDEC2012にて行いました。



なるほど。星のカービィは簡単過ぎてオレにはつまらなかったが、ゲームの歴史やどんなゲームが面白いか、ゲームの本質とは何かっていうのは参考になるな!
確かにリスク・リターンがしっかりしているゲームは面白れえよな! 攻略しがいもあるってぇもんだぜ。

くにおくんで言うと、リスク・リターンのバランスが悪いところは確かにある。ダウンタウン熱血行進曲とかさ。
だから、カイレラ対戦で人と対戦する時は、自然とルールを設けてリスク・リターンのバランスが悪い技は禁止されるな。『マッハチョップ』『棒術すぺしゃる』など。
まあ、それを使ったキャラはリンチすればいいという手もあるがな!


熱血格闘伝説は、爆裂キックとスピンアタックがクソだったな。アレが対戦を壊してしまった。リスク・リターンもクソもねえ!!!! 行進曲にあった技も追加されてねえし。だが、それらの技を排斥して上でゲームをやり直してみるとなかなかおもしろい良いゲームになるぞ。こんな格伝もあったんだってな。いや、こういう方向で行って欲しかったな。
爆裂キックは強すぎたため、のちのサッカーやバスケではバランスがうまく調整されている。スピンアタックもね。ファミコン後期の作品は、ゲームバランス的にいいものができてるがSFC時代にすでに移行していた時代だった。時勢を見誤ったな。サッカーやバスケはSFCで出ていたら良かったな!





◆熱血硬派くにおくんすぺしゃるのリスク・リターン
熱血硬派くにおくんすぺしゃるは、その辺のバランスはそれなりに良かったかもな。
アーケード版熱血硬派くにおくんディレクターの岸本氏監修とあって、ゲームバランスも手応えのあるものとなっている。だがアクションが苦手な人でも経験値を稼いでレベルを上げればクリアできるようになっている救済措置がある。熱血物語スタイルが入った新しいゲームに出来上がってたな。さらなるパワーアップ版が登場することを期待! 必殺とかさお店とかさ、新キャラとかさ。しんいちとか期待だな! 硬派系のキャラではしんいちがケッコーお気に入りだぜ。くにおと意外と仲がいいのかもな。オープニングに大体しんいち出るし。熱血新記録の箱裏にはしんいちが何故かいるしな! くにおをうまく使っている?感すらあるぜ。裏番長的な感じか! しんいち口うめーもんな。年上の彼女にふられるけど。ナンパとかしそうだな! 


クローンとかは個人でやってるものなので着地技が左右に繰り返しだせたり、隙が少なすぎたりでバランス悪い感はある。つまり『リスク・リターン』が釣り合っていないのだ。そのため対人戦には向かないし、一人用でもりゅういち・りゅうじ・すがたを使っていてどこかつまらない。出す前にジャンプが必要か否かで随分変わるもんだな。だが一人でオレ最強キャラ作って無双するのには適しているかもな! カスタマイズして楽しむのがクローンの魅力だ。 
ステージ数とかキャラ数とかでは今までに熱っ血職人によって作られてきたものが膨大にあるからボリュームでは最大だぜ。


テクノスSFCの作品もリスク・リターンが釣り合ってなかったな。
ベスボなんか消費気力が少なすぎて技をほぼ使い放題だった。
SFCドッジは育成要素があったが、設定項目でバランスが変えられるから攻略というよりドッジボールシュミレーションアクションRPGゲーム的なよくわからん複合されたジャンルって感じだな。書いていてよくわからん! 

SFCドッジはやりたいことやれることを詰め込みまくった感じだぜ。ステージ仕掛けはこれ以上ないだろってぐらいだし、フォーメーションのこだわりや必殺の歩数設定までここまでやれるかってぐらいすごかった。これが吉田イズムか。ユーザーに遊びを任せるっていう。だが、へいるまんとからおちぇんとか必殺設定ちゃんとして欲しかったな! あまりにユーザー任せになり過ぎてSFCドッジは、対戦にはあまり向かないゲームだった。固定ステータスが練られていなかった。バランスはめちゃくちゃだったが、選手をじっくり育成、最強チームを作るなどくにおクローンのカスタマイズ製に通じる作品だったってところだな。クローン系は吉田イズムの影響多大に受けてる感があるな。ユーザーに自由にやらせるってのがさ。

初代はゲームバランス悪かった。 大阪人強すぎや! 心斎橋では苦労したでぇ。特にむかい・やまね硬すぎや。ストーリー、世界観は最高だったからゲームバランスもサイコーだったら今でも語られる名作ソフトになっただろうな。いや、一部のコアなファンには未だに名作か。HP250最大でなく、1000を最大にすればもう少し柔軟なバランス調整ができただろうに。いや、くにおくんはHP255以内だからこそくにおくんか。後はストンピングハメなければ!! 献血可能。名前変更可能。途中参加、抜け可能!! の完全版やりかったぜ!
『こんじょう』で40回復ってどう考えても数字のミスだろ! 説明書では90回復なのに。なぜああなったのか理解に苦しむぜ。徹夜の連続で頭が回っていなかった? わざと? まあよくわからん!
今で言う龍が如くっぽい作品だ。


ダウンタウンドッジについても書いてみっか。最初のPC版はDSとトントンかアイデア勝負では負け。操作性では上って感じだったが、XBOX版→Wii版で大幅に良くなったって感じだな。
ただWii版もっと詰め込めたローとは思うぜ。わーるど編でステージを変えるべきだった。日本に呼ぶにしても大会会場を何個か増やして仕掛け(ギミック)が欲しかったな。ガッツが発動しすぎてそこら辺がちょっとアレだがソレ以外はゲーム的によくできてんじゃねーかなーと思うぜ。ファミコンのシンプルな奴に操作増やしたって感じで。操作性も良かったしな。だがもっと必殺技欲しかったな! ごだいにぶれーきとか。にしむらにチョースローとか(あったっけ?)、ためシュートとか。
むらさき・ごうだに「ぶれーど・ぜっと」が追加されてたのはナイスだったな。
石田氏はクローンの作者だったが、ミラクルキッズの監修を受けて制作しているだけあってゲームバランスは、少しずつよくなっている。こなれてきた感はあるな。ブログとか見る限りでは結構型にはまったというか、くにおくんはこうあるべき的な強い固定観念的なものが強い感があったが、最近は吉田氏やもけけ関本氏の意向をうまく受け入れてうまい感じのバランスでゲームを作成できるようなった感じかね。まあ、内部事情まではよくわからんが、ディレクターの意向を信じて作るってのがいい方向になってきているとは思うぜ。信頼関係が大事っところか。まあ次のゲーム見てみないとわからんけどね。良いゲームがでるといいなぁ。次はテスト版か。で、バージョンアップさせて完成版って感じかな。





◆くにおくんは、名作になりそーでなりきれない惜しいソフトが多かったな
くにおくんはアイデアとか発想力とかすごく他にはない独特の世界観、ルールってのがウリだな。それにアクションゲームの操作性が良かった。ゲームがよく作りこまれているがそれだけにココちゃんとしてくれれば! とか惜しい要素が多いのが特徴なゲームだな! 名作になりそうでなりきれない。あと一歩で名作になるぞっていう可能性が感じられるゲームが多かった。べすぼとか、初代とか。しっかりバグ取って完全版だったらもっと面白かっただろうな! 初代熱血硬派くにおくんはGTAにも通じるゲーム性だった。
サッカーとか続編出してサッカーリーグで大分完成度が高まっていたが、
ストーリーが手抜きだったのが痛かった。ホッケーは対戦で全てのチーム使えるようにして欲しかったぜ。熱血はコスチューム選べるとかさ。世界大会編を楽しみにしてたが、ちょっと一般には難しかったゲームかも。
バスケは地味に面白いな! ゴールが高すぎて選手が見えなくなるのが最大の欠点だぜ。そこは工夫して欲しかった。





◆リスク・リターンが合っていたゲーム
くにおくんといえばバランスはめちゃくちゃだが、とにかくハチャメチャで面白いってゲームらしいゲームだ。
バランスよかったのはサッカーリーグだろうか。ホッケーはまあまあ、ドッジもまあまあいいほうだな!
運動会とか時代劇とか面白いけどバランスはめちゃくちゃだった。運動会はルール決めてバランス取って上げると良いゲームになったな。ルール無しのガチでやるとクソゲー・ハメゲーに変わるが!!!!
アーケード版熱血硬派くにおくんやくにおたちの挽歌はバランス的には良かったほうだな。一人で楽しめたし。ゲーム難易度的には難しめだけど。
くにおくんゲームのエッセンスはアーケード版熱血硬派くにおくんに詰め込まれた感じはあるな。後、熱血高校ドッジボール部。この2つはやっぱ偉大か。





■やっぱダウンタウン熱血行進曲だろ!!!
アーケード版『ダウンタウン熱血行進曲』やりたいな!
まっはちょっぷとかぼうじゅつすぺしゃるとかハメ技などのバランスを調整した完全版をやりたいぜ!
全国オンライン対応とかさ!

くにおくんだから格闘ゲームのように複雑ではなく、操作はシンプルな感じだが奥深さは健在って感じでさ。
ゲームの腕前でマッチングとかも変わるようにして欲しいもんだぜ!





『リスク・リターン』がバッチリ噛み合ったくにおくんが出来たら面白いな! 対戦が盛り上がること間違いなし。
Amazonプライム会員なら、映画・アニメ・TV番組が見放題、100万曲が聴き放題! ゲームも発売日に届く!! まずは無料体験を




ネットショッピング(Amazonの予備サイト)
Yahooショッピングでお買い物!
ノジマオンライン(ゲームが発売日に届く。新品が安く、Amazon並)

中古ゲームを買いたい時に使うサイト
ネットオフ(安さがウリ、Tポイントも使えるぜ)
古本市場オンライン(本だけでなく、中古ゲームも多数扱っている。)


くにおくん 熱血コンプリート ファミコン編 【初回特典】「オリジナルカスタムテーマ (仮) 」 (6種) & 【Amazon限定特典】アイテム未定


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータMagazine (Town Mook)

ダウンタウン熱血物語SP【予約特典】オリジナルサウンドトラック 付
ダウンタウン熱血物語SP【予約特典】オリジナルサウンドトラック 付


PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)
ダブルドラゴンネオン PS3

0 Comments

Add your comment

ブログパーツ