くにお流ブログ

くにおくんのプレイ動画や攻略情報などを扱っているブログだ。

メアリ・スーについて JDSPSPDX調整、ネタ、りきは硬派?など。

2012
01
JDPSPSPDXの主な製作者。桶仮面氏にツイッターで触れられていたので自分の考えをちょっと書いておくぜ。

◆参考サイト

Mary Sue(メアリー・スー)とは、二次創作における用語の1つ。
二次創作に登場する、原作のキャラクターよりも格段に優秀なオリジナルキャラクターを総称した言葉。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Mary_Sue

メアリ・スーとは (メアリスーとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%A1%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%BC

メアリ・スーに関するよくある質問集(海外の翻訳)
http://www.imasy.or.jp/~hir/hir/marysue/marysuefaq_j.html

メアリー・スー -アニヲタWiki(ボクの考えた最強の追記・修正をお願いします。)
http://wiki.aniota.info/1252226684/
結構読みやすいのでおススメ↑ さらっと読める


2次創作を行っている人で、自己満だけでなく、人に読んでもらいたいと思う人は自戒になる内容。


くにお流では

オリジナルキャラクターそのものについては否定的ではない。

ただ、ダウンタウンくにおくんの時代劇だよ!全員集合SPSPはあくまでくにおくんシリーズのクローンゲームであり、
オリジナルキャラクターが我が物顔でダウンタウンキャラを倒したり、配下にされたりするのはそれはくにおくんでは無い。

オリジナルキャラクターはあくまで原作キャラの引き立て役、脇役、ストーリー先導に登場、
たとえボスとして登場しても最後にはくにおたちにやられるようでなくてはならない。

これが逆になるとオリジナルキャラクターでくにおたちを陵辱していくメアリー・スーといわれるものになる。
それはそれでそういうのが好きそうな人がネットには多そうだが。俺のサイトではやらないよ!
俺のサイトはくにおくんシリーズを応援するサイト。攻略するサイトだからな!!



■JDSPSPDX、オリジナルキャラの技調整について
まず、第一の理由はオリキャラがあまりにも強すぎたこと。プレイ時後半はほとんどオリキャラがプレイヤーキャラになり
くにまさすら使わない有様であった。(ステータス、必殺技と ほぼ最強のものがそろっていた)
これではいかん! ダブドラもダブルタイガーも存在感が無くなってしまう。
甚六復活しても使わないとかどんだけオリキャラ強いんだよ!!
これってくにおくんの時代劇だっけ? なんだか分からなくなった来たぞ。
ということで調整を決意したというのが経緯。

そしてオリキャラを潰すのではなく、原作キャラを潰すのではなく両方生かす道はないのかと考えた。
時代劇SPSPには100をも超える技がある。
NYすぺしゃるとかはわいすぺしゃる、かいてんあたっく、とるねーどきっく、とるねーどぱんちなど
サッカーバスケ技で面白い新技があるのにあまり使われないのが多数あり、
時代劇SPSPの魅力が100パーセント引き出されていない。
よしオリキャラに設定することで普段使われていない必殺技を使ってもらおう、みてもらう。
と考え設定を行った。
バスケやサッカーからの必殺技は使いづらく弱いのが多いが、見た目が面白いのが多いので
これらをオリキャラに使ってもらうことで時代劇SPSPの良さ、原作との違いを体感してもらう狙いがあったのだ。


第2の理由
追加オリキャラから
まっはちょっぷとかごだいすぺしゃるなどをはずしたのは、やはりくにおファンのイメージとしては、
まっはちょっぷ=こばやし
ごだいすぺしゃる=ごだい
のイメージが強いため。

くにお流では、熱っ血、時代劇SPSPなどのカスタマイズデータを公開しているがあくまで
くにおくんシリーズの応援のサイトなので
一般のくにおプレイヤーにも受け入れやすいように考えて設定を行っている。

例えば、ドラゴンボールだと劇場版のキャラに抵抗がある人やドラゴンボールGTが嫌だという人は結構いる。

が、そういう人にもなるべくすんなりと受け入れやすいようにあくまで主役はくにおでオリキャラはゲームを飾る
脇役(といっても結構すとーりーでは重要な位置をしめているけど)に留めるのがバランス的にはちょうど良いと考える。



というわけでくにお流ではそういう配慮の元でカスタマイズデータをアレンジしたり作成し公開しているということを
ここで明記しておく。

ステータス設定も必殺技の設定も全て原作の資料から当たっており、
むやみにイメージだけで技を追加したりはしていない。


また、bun氏が作成されている物語風は、基本原作キャラ(一部俺は男だくにおくんから登場)で
これはこれである種の哲学・美学がbun氏のカスタマイズにあるのでいいと思う。
元々、物語2を時代劇SPSPで再現できないかという企画でいいだしっぺ氏が始めたものだしね。


物語風と時代劇DXで住み分けができていてある意味いいんじゃないか。
西村外伝とか姿外伝は同人設定なのでどんどん自由にやっていくと面白そうだ。





■よく分かるメアリー・スー(漫画で分かる)

ドラゴンボール マルチバース メアリー・スー登場 P284.285
http://www.dragonball-multiverse.com/jp/page-284.html

P311から続き
http://www.dragonball-multiverse.com/jp/page-311.html

Mary Sue
http://ja.wikipedia.org/wiki/Mary_Sue

2次創作を行う際、メアリー・スーについては十分に注意して行うのが
原作に対しての最低限のリスペクトといったところだろう。
まあ、実際結構そういうのがめちゃくちゃになっているのが多いってのが現状だけどね。

ドラゴンボールマルチバースは、創作初期に陥りやすいメアリースーをうまく漫画で皮肉としてネタとして入れているのが
作者の度量の高さを感じられる。原作のリスペクトが感じられるいい作品だね。
ドラゴンボール好きならおススメ。オリジナルキャラも登場するが、どういう立ち位置になっているか研究するのも面白い。

ドラゴンボールマルチバース(1ページ目)
http://www.dragonball-multiverse.com/jp/chapters.html
原作終了後の世界を描いた世界だ。GTは含めない。



個人的には、GT嫌いな俺だがマルチバースは結構受け入れられた。
映画版は半々といったところ。原作の漫画が最高だな。

おまけ

本気でスーパーサイヤ人を目指す海外の青年







★では、オリキャラの役目とは何か?

そう原作のキャラを圧倒的な強さで叩き潰し、貶めることだ。
三大親分であるじんろく一家やとらぞう一家や文蔵一家をはるかに凌駕する力を持ち、関東一帯だけでなく
日本全体、いや世界までも手中に治める存在でなくてはならない。
そして、誰からも認められ高いカリスマ性を持っており、誰からも憎まれず理想的な人物とされなければならない。
最後にはくにおに成り代わり最後のボスを倒しおことちゃんを奪ってしまう。

・・・・・・違うだろ!!!


そうではなく原作を引き立てる。
あくまでやられ役、脇役、導入役に徹し、ボス役になったとしても最後にはくにおたちにやられてしまう。
ゲームで使われていない必殺技、原作キャラだけでは出来ないことをさせてくにおくんの魅力を引き出す。

これは自戒でもある。

だって、全員くにお級のオリキャラだったら、もう別のゲームで作っちゃえよ! ってなっちゃうからね。
くにおくん世界ではすがたやまえだ・冷峰四天王クラスでそこそこ強い位置に入るはずなのに存在感なくなっちゃうよ。
いちじょうクラスのオリキャラがいないってのも問題でしょう? 全員最強で欠点なしって、人間じゃないヤン。
とびおかFCじゃないんだから。
強いキャラばかりでインフレすると既存キャラの存在感が0、カスになってしまうのだ。それはイカン!

時代劇SPSPDXで弱いと一時話題だったせいしろうは、初代で言うえびはら的キャラにしたかったというのがある。
弱いことで逆に存在感が逆に高まるような。分かるかな~。ヤツは口は達者なのだ。おちょうしものキャラ的な。
なんかパワーアップしたらしいけど、俺のところで公開するときはすてーたすもっと下げてやるぜ! 一条と同じぐらいにしてやる。
BGMも変えてある。りきの専用テーマとかくにお専用の熱血硬派のテーマとかがむやみに他のキャラで使われると
そのキャラのテーマ曲という存在の意味が無くなってしまう。そういうところは注意してくにお流では変更などを行っている。

まあまとめると、熱血格闘伝説のような位置づけでオリキャラが参戦した感じにすれば違和感なく溶け込めるだろう。
オリキャラにも強いやつ、弱いやつをバランスよく配置するとゲームやキャラが引き立つってことなのさ。
強いところと弱いところをはっきりさせる。ダウンタウンシリーズのゲームつくりに見られる考え方だな。



原作キャラのように魅力的で必殺技は借り物でなくオリジナルのもの。
台詞、考え方も独自の印象的なオリジナルキャラが出来たらさらに面白いな。

時代劇SPSPDXの傾向として右倣え敵な熱血的な性格のキャラが多いので
キャラ一人ひとりにしっかり個性を持たせるような台詞回しにしたい。

・一家なら
チームワークがばらばらな一家、
一家同士でいきなり口論しているわけの分からん一家とか。
やる気ねー一家。
卑怯なことばかりする一家。
正々堂々としている一家。

・個々のキャラ
一見誠実だが、実は裏で汚いことをしているキャラ。
子供みたいに実直なキャラ。思ったことをばしばしいうきついキャラ。
古典的時代劇キャラ。
次郎長的なキャラ。
ドジだが、やることはしっかり抑えているキャラ。
アホだが、強いやつ。口は達者だが弱いやつ、
口では威勢がいいが実はすぐ逃げるやつ。
とことんだめなやつ。でも・・・?
いつも暗いこと言ってやる気なさそうだが、いざというときはやるやつなど
オリキャラにもっと性格づけ、個性をもっとはっきりさせるともっと面白くなりそうだ。
時代劇SPSPDXはそこがちぃと弱く感じるので、そこを補間、強化できればなぁとか思っているぜ。
完璧な人間は魅力がないし、そういう人間は存在しない。完璧な人間=GODだ。
日本の神の意味合いとGODの意味は違うらしいな。
人それぞれ、得意不得意があり、個性がある。
要するに世の中色んな人間がいるからおもしれーってこった。
ダウンタウンシリーズが受けているのはそこのスパイスがうまいからだな。


◆ステータス調整の方法について
例えば、技が強いがステータスは弱いとか。
ステータスは強いが技が弱いとか、強さと欠点をうまく持ち合わせると個性のある面白みのあるキャラが作成できる。
万能キャラはボスの一人ぐらいにいてもいいと思うがたくさんいすぎると
なんだか個性のない面白みのないキャラになってしまう。
ダウンタウンシリーズでは、そこらへんの調整がうまくされているなと感じる。

くにお流では敵の強さよりも個性を大事にして調整している。
武器が強い、ばねが強い、体力が強い。足が遅い、気力がない、防御が弱いなど。
ここら辺をしっかり練りこんでキャラを作成すればもっと魅力のアルものが出来上がるだろう。
最強と言っても世の中は広い、上には上がいる。どんなに強いやつでも必ず弱点はある。
といったコンセプトで調整しなおしたりしている。
イタリアとか、ドイツとかのサッカー軍団、最初は全員同じ必殺でステータスも似たり寄ったりだったのだが、
けっこー考えて再調整したこともあったな。




◆しんげん 変更の理由
くにお流で公開するときに台詞を変更したキャラ。
初期の台詞だとくにまさがあまりに卑屈でへこへこしているように見えた。
しかも十年来の信者のような台詞で違和感を覚えたのが理由。
くにまさは自分の腕っ節のみで生きてきた流れ者。一宿一飯で命を賭すぐらいの戦いに挑むぐらいの
義理人情が非常に厚い侠気のある男なのだ。
それとネタバレ全開感がやばすぎた! 今ではぼかした言い方かつ怪しい手相占いのように。
しんげんは宗教家とかやれそうなイメージ。
自称神の男だからな!

基本くにまさが敬語を使う相手って、甚六や文蔵やその娘、官憲など幕府やお上や親分相手のみだと思われる。
子分や喧嘩相手にはきっつい言葉、威勢のいい啖呵を浴びせていると思うぜ!
くにまさは男らしい男だからな。一見見た目は怖いが、困っているやつをほっておけない心優しい男なのさ。


◆りきごろう
準主役のりき。時代劇SPSPDXでも後半連れて行かない場合は、
多分家で待機していられるような大人しいやつではないはずなので、どんどん活躍させていきたい!


◆JDSPSPDXの感想とか作者さんの紹介
桶仮面さんや、bunさんのついったー見ていると結構考察が深いよな。
桶仮面さんは時代劇の世界観をうまく出すために、色々時代考察もしている。
大雪山チームが怪しいヘッドギアつけてアイヌ語を喋っている不調和がうけたな。
bun氏は時々つぶやく、独特の理論的な考察が面白いな。
ちぇり~さんは、すえきちだったかがキャラ立っていたな。ダブドラ編とかいいな。ダブドラはやっぱカッコいいぜ。
東方なんとかはよく分からんぜ! 弾幕シューティング自体は知っているが。
揚げ物・あげじろう・・・キャラクターデータを精力的に製作している人。すとーりーのネタも製作しているらしい?
まだ試していなので謎。熱血番長のキャラクターも追加したとか。


bunさんのついったー 紹介
>みさこに電話するとほりばたの機嫌が良くなり、かいずきの機嫌が悪くなるのはデータを見れば分かるとして、
たかしに電話するといわかべの機嫌が良くなり、さじの機嫌が悪くなるのはどういう理屈だろう。
くにお流:サッカーリーグネタか。謎だな。

>DS硬派プレー後な所為か、みさこのあいがくにおに効果なしなのに少々理不尽を感じる。
くにお流:くにおはすけべだから、それだけじゃ満足できないのさ。心だけでなく身体で表してもらわないと・・・。
男の友情とかは分かるようだが、女の心には疎いのがくにおくん? 硬派だし。
逆にりきは色々経験豊富そうだ。岸本氏もいっていたし。もてるとかなんとか。
きょうこ、まみ以外にも他に女が? 女教師までも? ってか、りきって硬派じゃなくね?
挽歌ではくにおに「あのオンナはやめとけっていっただろうが」とかアドバイスしていた。りき余裕だな。



★JDSPSPDXネタ

他にネタとしては
イベントスキップモード。
複雑すぎて突入条件が分からなくなってきている~ルートを選べるようになる。
浅次郎編
暴れん坊将軍編
妖怪編
神幻編
異国イタリア編
なんか、かまいたちの夜みたいだな!!

他に条件とかよく分からないので複雑なものをすっきりさせたい。
また分かりやすい条件にする。など。
2行で分かる攻略ルートを目指す。いまだと18行以上の条件があって実際どうしたらそのルートに入るとか分け分からん。
頭に入らない、読めない。アタマがごちゃごちゃに「うおおおおおおおおおお!」


ってことでココを抑えておけばO.Kといったシンプルな攻略にする。
~ルートだぜ。とナビゲートしてくれる占い師的なキャラを登場させるってのもあり? ゲームのヒントをくれるキャラ。
ただ、何度も出るとうざいので初回で断れば今後は出ない仕様にするなど。
ちょむずクリアで占い師登場とか。
しんげんルートではしんげんがその役目をしてくれている。
クリアのヒントは影が教えてくれるが、今このルートだぜというのは分からないのでそういうキャラが欲しい。
こいつが登場したら、あのルートかみたいな。

★原作準拠のシンプルモード
ちょむずクリア特典として
シンプルモードを遊べるようにする。
シンプルモードでは、原作くにおくんの時代劇で出てきたキャラしか登場せず、
FC版とGB版が選べるようにする。
まあ別のカスタマイズで作っちゃたほうが早いか。


★いーじーDXの作成。
MAXレベルを99~127までにし、アクションゲーム初心者にも優しいゲーム設定にする。


上の2つぐらいなら出来そうだ! DXの攻略もやりたいが、条件がもう複雑すぎてさっぱり分からないぜ!
時代劇SPSPDX専用のwiki作ってまとめちゃうかな。


◆時代劇SPSPDXの今後
時代劇SPSPDXけっこー新イベントが追加されたらしいし、強すぎたオリキャラも一部を除いてバランスを取って弱体化したようなのである程度一段落したら一度動画撮ってプレイしたいな。
旧がまんてっこう系のふっとばないスキルが登場したら、アーケード版熱血硬派くにおくんのように
キャラの体格差、防御力、タフさを再現できるようになり劇的に面白くなると思う。




■くにお雑談

★ダブドラ最強との噂
岸本氏によるとダブルタイガーとダブルドラゴン(多分冷峰のほうでなく双截龍のほうだと思われる)が闘うと
ダブルドラゴンがかつとのコト。
冷峰のダブルドラゴンは、ステータスから見るとダブルタイガーに勝てるかどうかは微妙かな~。

くにお・りきVSダブルドラゴン(冷峰)は、くにおたちが勝つが、

くにお・りきVS双截龍

だとどっちが勝つか分からんな。武術をしっかり学んでいる双截龍のが上っぽいイメージがあるがどうなる?


◆熱血番長フィーアが3月に出るらしいぜ。
実は、すでにフィーアのiphone、ipod版はプレイ済みだったりする。100円でゲットできるぜ。
かなりシンプルなゲームなのでちょっとした空き時間におススメだな。



★熱っ血あぷろだ 3月31日に終了。
使いやすいあぷろだだけに残念。広告収入と鯖維持費が割に合わなかったか。
熱っ血あっぷろーだーの方はまだ健在とのこと。
落とせなくなる前に気に入ったものを落としておこう。
Amazonプライム会員なら、映画・アニメ・TV番組が見放題、100万曲が聴き放題! ゲームも発売日に届く!! まずは無料体験を




ネットショッピング(Amazonの予備サイト)
Yahooショッピングでお買い物!
ノジマオンライン(ゲームが発売日に届く。新品が安く、Amazon並)

中古ゲームを買いたい時に使うサイト
ネットオフ(安さがウリ、Tポイントも使えるぜ)
古本市場オンライン(本だけでなく、中古ゲームも多数扱っている。)


くにおくん 熱血コンプリート ファミコン編 【初回特典】「オリジナルカスタムテーマ (仮) 」 (6種) & 【Amazon限定特典】アイテム未定


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータMagazine (Town Mook)

ダウンタウン熱血物語SP【予約特典】オリジナルサウンドトラック 付
ダウンタウン熱血物語SP【予約特典】オリジナルサウンドトラック 付


PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)
ダブルドラゴンネオン PS3

0 Comments

Add your comment

ブログパーツ