くにお流ブログ

くにおくんのプレイ動画や攻略情報などを扱っているブログだ。

くにおくんゲームについて雑談。レビュー。くにおくんとは?

2010
26
くにおくんゲームについて雑談。
市販品についてのレビューとか、クローンやそのカスタマイズについて。さらにはハックロムや、
くにおくんってどんなゲームなのかってところまで。

くにおくん市販品について

■何故?ダウンタウン熱血行進曲はいまだにプレイされるのか。
1つのゲームで4つ分のうまみが入っているってのがある。ってか単純に面白い!
4チームがどれも個性的でかつバランスが良い。(ルールを設ける必要があるとはいえ)
ステータスを弄ったり、ハックしたりすることで別ゲームとしての可能性も開ける。
ステータスを弄るのが楽しいゲームは良いゲームだ。

■くにおシリーズで出来が良い作品は?
くにおくんの熱血サッカーリーグ…ただし、4人対戦時に限る。2人ではちょっと。すとーりーが欲しかった。
熱血!すとりーとバスケット…やはり、4人対戦が熱い! 2人だと微妙。すとーりーが秀逸! 1人用はそこそこの楽しさ。
いけいけ!熱血ホッケー部…2人対戦が熱い! ドッジ部・ばんば・四天王寺が使いたかった。1人用も楽しめるのがポイント高い。すとーりーも良い。

この3つの作品は、ルールを設けなくても対戦が存分に楽しめるという点でゲームとしての完成度は高い。
俺の周りではホッケーの評価が高かった。対戦も熱かったなー。

■くにおシリーズで名作・傑作は?
ダウンタウン熱血行進曲…特に語るまでもなしくにおNo.1作品。問題がないのかって言ったらないわけじゃあないが。
ダウンタウンすぺしゃるくにおくんの時代劇…色々と粗はあるが、良い作品だ。くにおくんで一番売れたゲームソフト。

面白さで上げるとこの2作品が上がるが、粗も多く、ルールを設けたり、遊びに工夫が必要なゲーム。
ダウンタウン熱血行進曲の4人対戦は格別の面白さだ!
くにお時代劇は、プレイごとにルールを設けて遊ぶと無限に楽しめる。
ステータス初期レベルでクリアーを目指すのもなかなか楽しい。

■今やると微妙だが、ルールを設ければそれなりにまだ遊べるゲーム。
ダウンタウン熱血物語…必殺技を使うとただのハメゲーになるので通常技のみで戦うと面白くなる。
熱血高校ドッジボール部…避けが強いので禁止すると対戦ゲームとして面白くなる。
熱血格闘伝説…爆裂キックとスピンアタックがこのゲームを壊しているので、コレを禁止すると対戦ゲームとして面白くなる。連発不可にするという手もあり。ハイスピンキックの魅力に気付くとゲームが変わってくる。

■物語EXはなぜつまらないのか。
新必殺技がクソだから。ぐらいどちょっぷなんか特にひどい。連発可能+隙が無い。
操作性も悪い。短かパンチなんか出せねえよ。
壁に激突したり、死にまくると好感度あっぷ!? なんじゃそりゃ!!
ルールを設けても面白くするのが困難。う~む。


■難易度が高いゲーム・低いゲームは?
ホッケー部は難易度が高い。インターハイは苦戦必須だ!! 
だが、それだけにクリアできたときの達成感は凄いものがある。
サッカー編は難易度が低い。パス→オーバーヘッドorダイビングヘッドからの必殺技でほぼ確実にゴールできる。



くにおクローンでよく見られる、聞くことについて適当にバサッと斬る。


■移動起き上がりについて
くにおクローンでよく見られるシステムであり、好き嫌いがよく言われるが、俺もあまり好きではない。
原作のくにおくんでは無い動作というのもある。
ハメ対策のため採用していると思われるが、喧嘩ではダウンしたほうが不利なのは、当たり前。
龍が如くでも移動起き上がりは採用されているけど簡単に仕切りなおしできてしまうのが喧嘩の臨場感を剥いでしまう欠点がある。
ダウンを奪って追い詰めた時、追い詰められたときの絶望感、緊張感、圧迫感というか。
DS運動会でも採用されていたが、クロカンでダウンした選手が移動起き上がりで走っている選手を抜かしてしまうってのはオカシイだろ!
何か別の方法はないものか。
・挽歌では起き上がり時に無敵があったなー。古いベルトアクションゲームでは、よくあった仕様。
・無敵技で切り返す(ファイナルファイトの旋風脚やダブルラリアット)。
・起き上がり時の着地技で切り返す。
・ジャンプの出始めに無敵時間を設ける。(ダウンタウン熱血行進曲がその形式)
・クイックスタンディング。(これは、時代劇や熱血行進曲などで見られるボタン連打で復帰。)
・受身の導入。吹っ飛ばされたときに特定の操作でダウンを回避できるとか(ダウンタウンドッジで採用)。
・ダウン攻撃対策。(馬乗り攻撃などを弾き飛ばすなど挽歌や熱血硬派くにおくんのシステムなど)
・ガードができるとか。(ただ、個人的にはガードはなしにするか、確率で出るようにしてガードを弱くするのがくにおくんらしいし、爽快感が出ると思う。)
こんなところか。色々上げたが難しいもんだね。

■台詞を話している最中に殴れない
ダウンタウンらしくない。くにおくんは自由が魅力。
卑怯に攻めるか、正々堂々と台詞が終わった後に殴るかプレイヤーが選べるべき。

■着地技(爆弾パンチや爆魔龍神脚)などで方向転換できる。
ゲームのバランス的にはよろしくない。バスケでは一応できるが、動作が緩慢になっておりかつ隙も大きくなった上でのこと。
方向転換はないほうが、自然だし、それによってゲーム性が生きてくるのでその方が良い。
ダウンタウン熱血行進曲の着地技が理想。
格伝のスピンアタックや爆裂キックはクソ技。アプリ版では連続で出せなくなっていた。
まあ、クローンでは自由に強力な技を制限なしに使える開放感が売りってのもあるから一概に悪いとは言えないが、ゲーム性やバランス的には悪い。
実際プレイするときには、すぴんあたっくと爆裂キックは連発不可。爆弾パンチや天殺や爆魔は、方向転換不可の縛りを入れると良いかも。ゲーム内で実装してくれるのが一番だけどね。

■通常技が弱く、必殺技が強すぎる(いわゆる技ゲー化)
これもよくくにおクローン全般に見られよく言われること。
通常技が連続で繋がりづらく、判定が弱すぎたりする。
必殺技に対して通常攻撃で崩す手段がない。など。
例えば、強すぎる必殺技の一つ”はいぱーがーど”は、発動したらまず崩せない。
発生率を下げたり、武器投げについてはハイパーガードが発動できないようにするべき。
必殺技が通常技よりも強すぎるゲームは、クソゲー化する危険がある。
原作のダウンタウン熱血行進曲ではまっはちょっぷや棒術SPがクソ技の代表だった。
必殺技は強力な代わりにその分だけ隙があるぐらいがちょうど良い。(ダウンタウン熱血行進曲の旋風脚や爆魔龍神脚やまっはきっくなどのように)
物語EXは、必殺技が酷すぎた。ノーリスクハイリターンとか面白くないだろ!! 
リスクとリターンのバランスが大切ってことだな。
必殺技のバランスは、『熱血!すとりーとバスケット』が一番良い。さすがは、FCくにおの最終作というだけある。
じぶんぎょらいが連発できないようになり、爆裂キックがヒット時は反動で跳ね返るなど技がマイルドに調整されている。
くにおシリーズ往年の必殺技が強すぎず弱すぎずのバランスで非常にうまくできているのだ。
対戦に向いているゲームと言えよう。

■バランスが悪い
元々の原作のくにおくん自体バランスが良いかと言われると難しいが、
クローンではバランスが良くなっているか?というとやっぱり悪い。
ただ、ステータスを変更できたりするのでそれで調整することはできる。


くにおクローンについてよく言われる意見。について俺はこう思うぜ!! ということでまとめて書いてみたぜ。
 一応書いておくけど、俺はアンチくにおクローンゲームではないぞ。
批判めいたことを書いてるからって勘違いされちゃあ困る。(普通に読めば分かると思うが。)
実際クローンのカスタマイズを積極的に行っているし、奨励もしているぐらいだ。
ただ、クローンゲームは基本的に製作者が一人で作るため、それぞれのくにお感が違う。
他の人もこれはちょっと違うんでないの? こうした方が面白くなるのではっていう意見で今までに多かったものを
ピックアップしてまとめただけのものだ。
まあ、普通のフリーゲームならアレコレ言わないが、やっぱりくにおと名を冠しているものだからね。
個人が独自に完全自作製作したフリーなものに批判や文句をつけるのはネットではマナー違反とされているが、
クローンは元ネタありきなんで、こういう意見や議論は活発にやっても良いと思う。
やっぱりくにおファンとしては、ゲームがもっと面白くなって欲しいから。
反映されるにしろないにしろ、こういう意見もあるのかってのは、今後の参考にもなるしいいことだと思うからね。

一番いいのは、家庭用の市販品でしっかりとしたくにおくんのゲームが登場することなんだが、
なかなかコレは! と思えるものが登場して来ないね。
PS3かWiiかなんかでくにおくんの大運動会のバランスを調整し、
ネット対戦できるようにした続編を作ればヒットするだろうに。もったいないな。


■カスタマイズデータについて
KDチームバトルエディションやbun氏の時代劇拡張カスタマイズデータ以来。
単発のステージデータやキャラクターや音楽でなく、
まとめられた1つの作品としてカスタマイズデータがUPされるようになった。
適用するとステージや音楽やキャラクターの雰囲気ががらっと変わり、
まるで別ゲームをプレイするかのような新鮮な感覚でプレイできるのが面白い。
例えば、KDチームバトルエディション(元のLLさん作成のヤツ)では素早さが抑えられ、
ゲーム性でダウンタウン熱血行進曲を再現するっていうコンセプトがあった。
熱っ血ドッジボール部では武器投げを極端に上げることでこんなにゲーム性が変わるんだぜ!
というカスタマイズの可能性を示した。
他に様々な総合カスタマイズデータが出てきてそれなりに面白いのだが、無難にまとめられ過ぎて
尖ったキャラクターがなかなかいないのがちょっと残念かな~と思う。
bun氏の最新物語データでは、『はんや』や『ごーるど』や『しるばー』なんかステータスが尖っていて面白い!
既存のステータスの数値に縛られない個性のあるユニークなキャラクター設定が欲しいところだ。
その点、外人のカスタマイズは既存の概念に縛られない自由な発想で面白いね。色々と荒いけれど。

投稿されるステージは出来が良いのが多いね。色んな仕掛けや綺麗な背景。見るだけでも楽しい。
だが、キャラが弱い!! キャラクターの個性を決めるのは、
容姿だけでなくゲームではステータスや必殺技が大きく関係してくるので
そこを気合を入れて設定してもらいたいものだ。
まあ、簡単に言うと森本みたいな武器投げ覚醒キャラとかスピードキャラとか体力や防御は低いが、
攻撃や必殺技がむちゃくちゃ強いきゃらなど。
パンチだけ強いやつ、キックだけ強いヤツ。ボクサータイプ。~タイプ…。
ステータスを見ただけでただものじゃねえ! ってわかるぐらい飛びぬけたのを作ってもいいんじゃないかな~。
実際ステータスを真面目に考えると結構面倒なんだけどね。楽しくもあるぞ。
なんか偉そうなこと書いてしまったが、要するに唸るような個性のある作品が出てこないかな~と地味に期待するってことだ!?


海外で熱っ血で海外版ダウンタウン熱血物語を再現したRiver City Ransom KDがある。
日本語版のダウンタウン熱血物語KDを作ってみたいと前々から思っているのだが、
なかなか発表できないな。材料はそろっているのだが。
ステータスをFC基準の上限63で設定するのか。はたまた127で設定するのか。
防御はそのままで攻撃力を2倍に設定してFC物語の旋風脚の理不尽な減りを再現してみるとか…。
必殺技をシンプルに決めるか。
なんとかして物語らしい設定をうまく再現したいものだ。
誰か作ってくれ!?


くにおくんのハックロムについて語る。

■くにおハックロムのサイト
探せば、醍醐さんとこのファミコンハックロムが有名だが、他にはファミスタのハックロムを製作しているところのゆめみハック。
今は、活動していない熱血ハックロムというところがあった。
熱っ血で有名ながらくた置き場にも必殺技が格闘以外でも使える行進曲BのIPSがある。
最新のヤツでは、ミラクルキッズからダウンタウン熱血物語GBAのハック『ぱろでぃ版』ってのがあった。

■ハックロムの製作者求む!
Keiさんが製作した熱血行進曲X、XX以来、なかなか現れない。やはり敷居が高いのが問題なのか…。
あるハックロム製作者で有名なヤツがほーむぺーじ作ってハックロムを公開するとか言っていたが、動く気配が無いな。
そのうち、熱血行進曲のハックロムの作り方を自分が分かる範囲で書いてみるか。
格闘で画面左右端の場外をなくしたマップを製作したいぜ。画面下のみ場外のままで。

■ハックロムの利点
元のゲームを利用しているのでゲーム性の信頼性は抜群!
必要なのは、アイデアとステータスの設定。アセンブラの知識などか。
ロマサガのハックロムなどを見ているとすげーヤツが世の中にいるもんだなーと思うぜ。
くにおくんももっと盛り上がらねえかな。
ただ、下手に弄りすぎると逆につまらなくなったりするのが難しいところだな。センスがいるところだ。



★くにおくんってどんなゲーム?★

基本的に自由!! ってのが最大の魅力。既成概念に囚われない発想でゲームが作られている。
製作者がこうしろ! このように遊べ! というゲームではなく、プレイヤーが自分自身で遊び方を開拓していく
それがダウンタウンシリーズを初めとしたくにおくんシリーズの特徴かな。
くにおくんの時代劇のパッケージ裏とか読むといいぞ。遊び方は無限大! ってな。
ダウンタウン熱血行進曲。競技選択。時間。条件を自由に変更可能。全てプレイヤーにゆだねられている。
SFCドッジ。チーム作成。ルール設定。ここまで自由なドッジボールゲームが今までにあっただろうか?


くにおくんはこう!って決め付けてるのがあるが、
もともとくにおくんのゲーム精神の根本は既存の概念に囚われない自由な発想にあったはず!
リメイクばっかりじゃなくて、まさにこれぞくにおくんの新作ってやつをプレイしてみたいものだぜ!!
SFC作品は、発想は斬新なものがあったが、ゲームの作りこみが甘かったのが残念だった。初代とかべすぼとか。
キャラに走りすぎてゲームがおざなりになっていったってことだな。。
Amazonプライム会員なら、映画・アニメ・TV番組が見放題、100万曲が聴き放題! ゲームも発売日に届く!! まずは無料体験を




ネットショッピング(Amazonの予備サイト)
Yahooショッピングでお買い物!
ノジマオンライン(ゲームが発売日に届く。新品が安く、Amazon並)

中古ゲームを買いたい時に使うサイト
ネットオフ(安さがウリ、Tポイントも使えるぜ)
古本市場オンライン(本だけでなく、中古ゲームも多数扱っている。)


くにおくん 熱血コンプリート ファミコン編 【初回特典】「オリジナルカスタムテーマ (仮) 」 (6種) & 【Amazon限定特典】アイテム未定


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータMagazine (Town Mook)

ダウンタウン熱血物語SP【予約特典】オリジナルサウンドトラック 付
ダウンタウン熱血物語SP【予約特典】オリジナルサウンドトラック 付


PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)
ダブルドラゴンネオン PS3

2 Comments

LL  

熱っ血のドッジボールは面白かったね
自分も幾つかネタを考えてたはずだけど、忘れちゃった
KDやSPSPで、ちょっと部分的に仕様を変えてくれると、やりたい事も増えるけど
今は世間と同じく情熱がなくなってしまったからなー

キャラはできるだけ減らしたいとか
シンプルな別ゲーに作り変えるぐらいなことやりたかったけど

2010/06/02 (Wed) 22:14 | EDIT | REPLY |   

920kun  

LLさんこんばんは。お久しぶりです。
JDSPSPでは、武器投げの必殺技が充実しているので、JDSPSP版のドッジ+サッカーのカスタマイズをお遊び的に作ってみようかな~とか思ってます。気が向いたらの話ですが。
他には武器力をやたら上げたカスタマイズとか変なことを考えていますが、面白いかどうかは謎。

2010/06/02 (Wed) 23:44 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

ブログパーツ